映画『ローラ殺人事件』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

事件 映画 殺人 クリスタル

😀 ミス・マープルもパーティーに参加しようと出かけたはいいが、子供が離した犬のリードに足をすくわれ転倒、足首を痛めてしまい、やむなく帰宅するはめとなってしまった。 恨みは持つかもしれないが、かなり昔の出来事であるし、殺人に至る動機としては弱い。 東京運動記者クラブ会員。

5
チェリーは、パーティの手伝いに行っていて、会場の様子を詳しく知っていたのだ。 その後、捜査も前に進まず、映画の撮影もマリーナとローラの仲違いもあり難航してしまうのでした。

映画「クリスタル殺人事件 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

事件 映画 殺人 クリスタル

🤫 その時ヘザーが移した風疹が原因だとしたら…。 そのテイラーの出世作は少女の騎手を演じた『緑園の天使』(1944年)で、この映画ではマープル役のランズベリーがテイラーの姉役で共演していた。 コノ警部がかき集めた情報をもとにマープルが推理するト云う構成。

20
ちょうど、そのころ、製作者マーティ(トニー・カーティス)と共に主演女優でライバルのローラ(キム・ノヴァック)が到着し、マリーナのいる二階に姿を現した。 怪我をしてパーティーを欠席したミス・マープルもマープルの甥であるクラドック警部(エドワード・フォックス)とやってきて事件に挑むことになりました。

クリスタル殺人事件 : 作品情報

事件 映画 殺人 クリスタル

✊ ライデッカーはマクファーソンが他の二人の容疑者(ローラのおばのアン・トレドウェルと、婚約者のシェルビー・カーペンター)を訪問するのに付き合った後、ローラといつも食事をしたレストランでマクファーソンと食事をとりながら、ローラとの出会いを話し始める。 ベイツ 演 - ゴシントン荘の執事。 ある結論に至ったミス・マープルは再び調査を開始します。

11
ヘザー・バブコック 演 - 地元婦人会幹事。 やがて事件解明のためスコットランド・ヤードの警部でマーブルの甥のクラドック(エドワード・フォックス)が派遣され、ヘザーの死がカクテルに盛られた毒物によるものであることをマーブルに知らせにくる。

クリスタル殺人事件 : 作品情報

事件 映画 殺人 クリスタル

🌭 ただし、前2作に比べるとキャスティングでは落ちるかもしれない(これは個人的な嗜好もあるだろうが)。 2人の秘書エラ・ジーリンスキー、執事ベイツ、村人のドリー・バントリー、ヘザー・バブコック、チェリーを含む多くの人々が、屋敷に集まった。

6
オープニングでモノクロの探偵映画が始まり、容疑者の集まった屋敷に主人公の警部が現れ、真犯人を名指ししようとしたところで、突然画面が途切れる。 ミス・マープルは考えをまとめていきます。

クリスタル殺人事件のレビュー・感想・評価

事件 映画 殺人 クリスタル

😊 さて、真犯人は誰だったのだろう、と首を捻る村人たちに見事な推理を披露し、颯爽とホールを出て行くのが主人公マープル(アンジェラ・ランズベリー)。

19
出演はアンジェラ・ランズベリー、ジェラルディン・チャップリン、トニー・カーティス、エドワード・フォックス、ロック・ハドソン、キム・ノヴァク、エリザベス・テイラー、ウェンディ・モーガン、モーリン・ベネットなど。 監督 助監督 キャスト 女優 ミス・ジェーン・マープル 女優 エラ・ジーリンスキー 男優 マーティ・N・フェン 男優 クラドック警部 男優 ジェーソン・ラッド 女優 ローラ・ブルースター 女優 マリーナ・グレッグ 男優 執事ベイツ 男優 男優 男優 劇中映画のマリーナの相手役男優(ノンクレジット) 声 ミス・ジェーン・マープル(日本語吹き替え版【TBS】) エラ・ジーリンスキー(日本語吹き替え版【TBS】) マーティ・N・フェン(日本語吹き替え版【TBS】) クラドック警部(日本語吹き替え版【TBS】) ジェーソン・ラッド(日本語吹き替え版【TBS】) ローラ・ブルースター(日本語吹き替え版【TBS】) マリーナ・グレッグ(日本語吹き替え版【TBS】) 原作 邦題:「鏡は横にひび割れて」 原題:「The Mirror Crack'd」 音楽 撮影 製作 配給 美術 (ノンクレジット) (プロダクション・デザイン) 衣装 編集. 犯人の動機に弱さがある。

『クリスタル殺人事件』(NHK

事件 映画 殺人 クリスタル

😎。

9
06年に独立。

CinemaScape/クリスタル殺人事件(1980/英)

事件 映画 殺人 クリスタル

👣 この4人に扮したテイラー、ハドソン、カーティス・ノヴァクはちょうど1950年代、いずれも現実に大変な人気を博したスターばかりで、彼らにいがみ合う夫婦役を演じさせているところが面白い。 この映画の原題「鏡は横にひび割れて」はの詩「シャーロット姫」の一説で、この詩はに現れる美姫がモチーフとなっている。 緊張感は意図的に省いたような感じ。

その内容はヘザーがマリーナの舞台を見て感激し舞台裏で彼女に思わずキスしてしまったというものだった。 教会で上映されていた探偵映画がクライマックスを迎えた時、機械の故障で画面がとぎれた。

映画『ローラ殺人事件』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

事件 映画 殺人 クリスタル

🤜 彼女を見て一瞬顔をこわばらせるマリーナ。

時代は1953年、この村はマープルが暮らす片田舎メアリ・セント・ミード。