ようこそ実力至上主義の教室へ

11.5 よう 巻 実

🐲 しかし、清隆によって罪を克服していた一之瀬は罪悪感に押し潰されることはなく、Bクラスも彼女が今後もリーダーとして率いることを受け入れ坂柳たちを退けた。 宝泉と行動することが多い。

2
クラスポイントの変動により清隆のクラスは龍園に追い抜かれDクラスに降格。

【ようこそ実力至上主義の教室へ】1年生編11巻 ネタバレ 綾小路vs坂柳決定版

11.5 よう 巻 実

⚛ 月代に捻じ曲げられる直前から再現してチェス対決した結果、綾小路の勝ちという結果になりました。 選抜種目試験ではバスケットボールで須藤と対決し、バスケ経験者であることを見抜かれている。

5巻の内容をまとめると次のようになります。 司令塔の役割 この選抜種目試験には 司令塔という存在が各クラス1名ずついます。

【よう実11.5巻ネタバレ考察】展開が凄すぎてやばい!

11.5 よう 巻 実

👀 1年生編 [ ] 小説第1巻(入学 - 1学期中間試験) 入学時に振り込まれた10万prという大金をDクラスの大半の生徒は使い果たし、5月初日を迎えたが、毎月1日に振り込まれるはずである10万prがDクラスの生徒には1prも振り込まれていなかった。 人肌のぬくもりも、けして悪いものではありません。 表に出たがらない綾小路としては珍しく積極的ですね。

8
軽井沢への告白 ここがこの巻での一番のメインですね。 茶柱とは高校時代からの付き合い。

【よう実11.5巻・感想と考察】驚きの展開続出!どうなる2年生編!?

11.5 よう 巻 実

🤐 際立った能力はないが、葛城を慕い、彼からも慕われている。

10
『ようこそ実力至上主義の教室へ 3』、2016年1月25日発売 、• 龍園による独裁を容認している節があり、更には生徒と共謀しDクラスを陥れようとする等、茶柱同様教育者らしからぬ性格の持ち主。 ひよりと綾小路がお話をする場面があったこと嬉しかったのですが,篠原と池の場面にページ数をとられてしまったのかなと思ってしまいました(笑 池と篠原のコンビも嫌いではないですが,ひよりの出番をあまり奪わないでほしかったです… 平田 洋介 平田は11. 自身が表舞台から降りた後も、表向きクラス内で最も発言力のある石崎から慕われている。

【よう実11.5巻ネタバレ考察】展開が凄すぎてやばい!

11.5 よう 巻 実

🤔 新たな学園黙示録、1年生編完結! ずらりと並んだボリュームのあるあらすじを見るに、今回も見どころ満載ですね! まず、堀北兄妹の関係で一本は描かれそうですね お兄ちゃん大好きっこである堀北が、兄との関係にきちんと決着できるのか それとも、ガチでお兄ちゃんに恋する勢になって須藤さんスルー案件になるのか どういう風になるのかは興味深いですね そして、もう一つ難しいのが、この学校のシステム上、外部とのつながりはほぼ禁止 そうなると、堀北兄の再登場の可能性はほぼなくなってしまうというところですかね どんな結末が用意されているのか、楽しみに見たいと思います 坂柳理事長に連絡を取り、1年Aクラス担任の真嶋、茶柱と秘密裏に接触、交渉を試みる。 本来清隆は学園の入学者リストに無く不合格となるはずだったが、清隆を昔から知る坂柳理事長は彼がこの学園へ入学希望を出すことの事情を察知し、独断で彼の入学を手配する。

10
実際には希望する進路が用意されるのはAクラスであり、Sシステムをはじめ制度を理解しない状態で生徒が入学している状態にある。 高円寺とかは除く。

よう実11.5巻 卒業ヒロイン怒涛の涙!最後はまさかの告白!?

11.5 よう 巻 実

😉 もともとのコミュニケーション能力の高さもあって、平田が恵に振られたと話題になった際には須藤と共に彼を気遣い、平田にまったく配慮せず面白半分にからんできた山内を諫める。

9

【よう実11.5巻・感想と考察】驚きの展開続出!どうなる2年生編!?

11.5 よう 巻 実

🤚 清隆が櫛田の退学を目論んでいることを聞かされた際には痛快だったらしく、クラスメイトの退学に伴うデメリットを意にも介していない発想には珍しく素直に称賛する。 その一方で常識に欠ける点から交友関係が薄く、自分に対する協力者が限られているのが弱点。 椿とは違って既にパートナーの方は決まっている。

13
2年生編では清隆との約束および現生徒会長の南雲の監視をする意味から生徒会へと入る。

【ようこそ実力至上主義の教室へ】1年生編11巻 ネタバレ 綾小路vs坂柳決定版

11.5 よう 巻 実

⚐ 最終的に坂柳が辛勝し、Aクラスとしても勝利に終わったが、後にそれが月城理事長代行が操作した結果であると知って激昂し、今後は父と清隆を脅かす月城理事長代行を下ろすことを目標にすることを明言した。 学園の規則により双子の妹への誕生日プレゼントを贈ることができず、生徒会に相談するも聞き入れられなかったが、清隆の提案で学園の外に出る機会のあった須藤を介してプレゼントを内密に贈ることに成功する。 2年生編においても清隆の退学を常に目論み、教員の茶柱や真嶋が清隆と協力関係にあると見抜き、自身も同じ教員の司馬を配下に置き、さらに刺客のホワイトルーム生とは別に七瀬を手駒として扱うなど、暗躍を続ける。

5
音楽プロデューサー - 佐藤純之介、吉江輝成• 一度は彼の影響下に入るのを危惧した学に見送られたが、南雲本人の勧誘により入る事が出来た。 後半の30分はそれぞれ坂柳と綾小路の指示のもと、ただ手を動かすだけです。