日本発売確定! 中国超高級車「紅旗・H9」 輸入元に直撃取材! 噂の真相とは

価格 紅旗 h9

💙 その日の午後に中国最大級の自動車メディア「汽車之家」においても、「紅旗H9が日本で正式に販売される」という記事が掲載され、「微博」(ウェイボー・中国最大のSNS)をはじめ、日本のSNSでも情報が拡散されました。 現在、中国における H9は2. 韓国は日本と同じ国連の多国間協定(58協定)の締約国となるため、韓国で登録できるなら日本でも登録できる可能性が高まります。

ひとつは2Lターボで、180kW/380Nmを発生。

【画像】大人気中国車「紅旗」日本上陸か!お値段541万円~!

価格 紅旗 h9

😘 日本のみならず世界でも人気のあるレクサスのLSモデルが1073万円から購入できることを考えれば、H9が日本市場において高級車の有力な選択肢になることは難しいとの見方を示している。 その上で、日本では大きな自動車よりも実用性や経済性の高いコンパクトな車が喜ばれており、トヨタ、ホンダといった日本メーカーも実用性、燃費といった強みを生かして大きな国内シェアを確保していると伝えた。 実際の価格も違っています。

4
、第一汽車、一汽)が製造する高級車ブランドで、H9は2020年8月に発表された紅旗ブランドの最新・最上級車種となります。 実際に中国製乗用車の輸入かつ日本での登録に試みた人からは「中国から輸入して日本で頑張って登録しようとして各種の手続きを頑張ってみたけど、結局は不可能であることがわかり、中国に送り返した…」「EVを輸入しようとしたがバッテリーが日本の基準に合わなかった」などといった理由が挙げられていました。

日本にも初上陸した中国の最高級車・紅旗(ホンチー)新型H9を最速インプレッション!内外装の質感はまさにフラッグシップセダン、但し残念なポイントも…【動画有】

価格 紅旗 h9

👊 X氏いわく、現在出回っている情報のなかには、事実無根のこともあるといいます。 そして、中国最大級の自動車ニュースサイト「汽車之家」によれば、日本国内のカスタマーによって5台のH9が注文されており、2月1日には認証取得用や展示用の3台が日本に陸揚げされるとのことです。

16
そのボンネットの中央先端には五星紅旗をイメージした紅いマスコットが掲げられていた。

【独自】中国の最高級車「紅旗」日本初上陸! 自動車史に残る動きを独自取材!(くるまのニュース)

価格 紅旗 h9

💖 この3点以外に出ている画像や資料は私たち輸入元の関与はありません。

16
。 0Tモデルは2つのグレードで45万9800元(邦貨換算738万4500円)からとなっています。

上陸秒読みか? 中国版センチュリーの「紅旗・H9」はどんな車? トヨタとの違いは

価格 紅旗 h9

☕ 0Tエンジンに加えて、Hongqi H9は、最大パワー283馬力、ピークトルク400N・mの3. 一方、商用車ではない純中国製乗用車がこれまで一般に登録された例はゼロに等しいという事実もあります。 0Tの2種類がラインナップされ、環境法規制に対応した仕様に調整。

8
これは他メーカーのロングホイールベース化と同じ手法。

日本発売確定! 中国超高級車「紅旗・H9」 輸入元に直撃取材! 噂の真相とは(くるまのニュース)

価格 紅旗 h9

🙂 価格は30万9800~53万9800元で、日本円では約500~860万円(1元16円で換算)。

11
今回、紅旗ブランドのH9が日本へ上陸し、登録が実現したら、日本の自動車産業にとって大きな衝撃となります。

【独自】中国の最高級車「紅旗」日本初上陸! 自動車史に残る動きを独自取材!(くるまのニュース)

価格 紅旗 h9

😝 ちなみに「紅旗」の漢字のエンブレムは毛沢東の直筆だそうです。 新華社通信の報道によると、最初の2台が1月6日にソウルに到着し、記念式典などを実施。

現在、日本にきている中国高級車は3台なのでしょうか。

中国版「センチュリー」の「紅旗・H9」が2月に日本上陸? 過去に中国車が日本に無かった理由とは(くるまのニュース)

価格 紅旗 h9

🔥 1リッター/100km、3リッター仕様が9リッター/100km。 「龍の髭」をイメージしたフロントグリル周辺や、リヤコンビネーションランプ、サイドの「赤い旗」をイメージしたガーニッシュ、そして「希望の翼」をイメージしたカーテシランプなどが点灯する機能も、ベースグレードを除いた上級グレードに標準装備されています。 「H9」をロングホイールベース化するにあたり車体中央、つまりBピラー部から前後に延長している模様。

搭載されるトランスミッションは両エンジンともに7速DCTとなっています。 日本において、これまで中国民族系(日欧米の自動車メーカーとの合弁会社ではなく、純粋な中国発祥の自動車メーカー)のメーカーが中国で製造したクルマを「研究用」として日本に輸入、販売した例はあるようです。

日本発売確定! 中国超高級車「紅旗・H9」 輸入元に直撃取材! 噂の真相とは(くるまのニュース)

価格 紅旗 h9

😭 かつて日本市場には、純中国メーカー/中国ブランド/中国製という乗用車は登録(ナンバー取得)されておらず、H9の日本上陸が現実となれば日本の自動車業界に大きな衝撃を与えます。

10
そのボンネットの中央先端には五星紅旗をイメージした紅いマスコットが掲げられていた。 しかし、紅旗のロゴが記載され、日本語で書かれた「価格表」(この価格表はあとでニセモノだとわかりましたが)までが拡散されており、さらに、2021年1月17日に中国の国営通信社である「新華社通信」が韓国市場向けに販売予定のH9が韓国ソウルに到着したニュースを報じていたことがわかりました。